プロフィール

computer

かれこれ20年前に病院勤務をしておりまして、そこでカルテを電子化できないかと事務局の責任者に言われて作り始めたのがエクセルVBAのマクロです。

最初のWindows98のパソコンを購入したのもその病院のレントゲン技師さんからでした。

ですのでその20年以上前の病院勤務の時が私がパソコンに目覚めた時と言っていいと思います。

プログラミング言語の中でもVBAはダントツに大好きで、コード自体が非常に効率的かつ合理的でとても面白いです。

ちょっとマニアックな話になってしまいました。

パソコン関連のことならなんでも好きです。ニュースやGoogle DriveyDropBoxなどのオンラインストレージ(インターネット上のデーター保管庫)などの話も好きですし、新しいアップルのMacbookの話やWindowsのCPU(パソコンの頭脳に当たる部分)について知る知るのも好きです。

私が使っているパソコンですが、最近、動画編集を始めたので新しく、そこそこ性能の高いMacbook Proを購入しましたが、それまではWindowsの低価格パソコンをずっと使ってきました。パソコンのことがなんでも好きなのに、自分が持っているパソコンは安価なものしか持ったことがありませんでした。

今持っているDELLのノートパソコンもDELLエクスプレス(返品されたパソコンを割安に売っている)で購入した5万円台のものです。

自分が持つパソコンの性能にはあまり興味がありません。

でもアマゾンなどで売っているSSD(パソコンのデーター格納庫。以前はハードディスクという円盤上のものが中に入っていてそれにデーターを書き込んでいましたが、近年はこのSSDが主流で、円盤のかわりにフラッシュメモリーというUSBメモリーのようなものが中に入っているもの。ハードディスクに比べて二倍以上かそれ以上の高速でデーターを書くのしたり取り出したりできる)なんかは、興味深く見ています。

パソコン自体も物価の上昇とは相反してだんだん安くなっています。20年前に私が初めて購入した1Windows98のノートパソコンは18万円でしたが、今では8万円くらいで購入できてしまいます。ドスパラやマウスコンピューターなどのお店ではさらに安く購入できます。しかも性能は20年前と比べて格段の差があります。

インターネットも光回線が現在は主流になりずいぶん早くなりました。20年前に私にパソコンを教えてくれた師匠の様な人にその当時言われたのは、メールの添付ファイルは100KB以下にしろ、ということですが今では10メガバイト(10000KB)のものでも難なく送れてしまいます。

パソコンだけではなくスマートフォンというのも登場したのはここ10年くらいのことです。アップルのスティーブ・ジョブズ氏が作ったiPhoneが最初のスマートフォンで、その後グーグルが開発したAndroidが出てきました。今は両者しのぎを削っています。私も初めて勤めていた会社の備品でiPhone4を買ってもらった時の喜びと興奮は今でも思い出されます。

このように現代はものすごいスピードでインターネットやパソコン、スマートフォンなどが進歩しているのでそうしたニュースをこのブログで書いていきたいと思います。

その記事を読んでくださる方が少しでも楽しんでいただけましたら記事作成者冥利に尽きません。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です